PR | ヒット商品にする方法なら

テレアポという方法で新規開拓の営業をすることも多いと思いますが、とても大変ですよね。特に法人営業の場合は、受付の人に担当者まで繋いでもらうだけでも一苦労です。
しかし担当者まで繋いでもらわない限りアポイントを取ることは難しくなります。今回は中小企業にテレアポをするときに社長や担当者につないでもらうためのコツを紹介します。

法人営業を効率化するためにも、担当者につないでもらう確率を上げる方法としては主に2点あります。

1つ目の方法は、相手の会社の社長の知り合いのような言い回しで取次ぎをお願いすることです。電話したときの第一声は、「こんにちは!○○(会社名)の○○(自分の○○)ですけど、○○(社長の下の名前)さんいますか?」というようないい回しにしてみるとよいでしょう。
会社のホームページを見れば、社長のフルネームは大体わかります。受付の人が電話に出たときに営業の電話だと思うと、即お断りされてしまうことがほとんどです。社長の下の名前を出すことで、もしかしたら社長の大事な知り合いなのかもと思わせることが出来ます。受付の人によっては社長につなげてくれる場合があるので、フロント突破率を上げることが出来ます。ただし、営業電話なのに社長の下の名前を出すなんて紛らわしい、失礼だと怒られる可能性もあるので、気をつけましょう。

2つ目の方法は受付の人と仲良くなって取り次いでもらう方法です。この場合、あえて営業電話だとわかるように電話をかけます。「お忙しいところ恐れ入ります、○○(会社名)の○○(自分の○○)ですけど、○○(営業商材)についての電話なんですけど、すみません!こういった営業のお電話多いですよね。社長さんか担当者さんに繋いでもらえると嬉しいです」といった言い回しで電話のコツは親しみやすい話し方でとことん丁寧に電話をかけることです。出来ればそのまま受付の人と仲良くなって雑談してみましょう。断られてもしつこくない頻度で電話をかけて受付の人と仲良くなるうちに担当者に繋いでもらえる可能性があります。

テレアポで営業するときは、まずは社長や担当者に電話を繋げてもらうことを意識して電話をかけるようにすることが大切です。

PR|生命保険の選び方生命保険の口コミ.COM英語上達の秘訣お小遣いNET英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.com童話健康マニアによる無病ライフSEOアクセスアップ相互リンク集工務店向け集客ノウハウ四季の童話集